長野-松本間の移動は信州往復きっぷがおすすめ!費用からしなの特急料金券についても解説

鉄道

こんにちは、きゆです。今日は信州往復きっぷについて紹介します。

前回は信州ワンデーパスについて解説しました。今日は信州往復きっぷについて。主に長野ー松本周辺の駅を往復する際は、この切符がおすすめなので、最後までご覧ください。

信州往復きっぷとは?

信州往復きっぷはJR東日本が販売している往復きっぷです。長野ー篠ノ井間の北信地方と、松本・塩尻・諏訪などの中信地方の駅を往復する際に使用できるきっぷです。

信州ワンデーパスとの違い

信州ワンデーパスを使ってもこの切符が2600円ですから、北信⇔中信の移動でも、元が取れる区間もあるのですが、それでも数百円の割引しかなりません。

そこで松本―長野間の移動は信州往復きっぷがおすすめです。

信州往復きっぷの金額

区間1区間2信州往復きっぷの運賃通常の往復の運賃
辰野・岡谷篠ノ井―長野2330円3400円
塩尻篠ノ井―長野1980円2680円
広丘・村井篠ノ井―長野1890円2680円
平田篠ノ井―長野1870円2340円
南松本篠ノ井―長野1780円2340円
松本・明科篠ノ井―長野1500円2340円
※通常の往復運賃の欄に記載がある金額は〇〇ー長野間の運賃になっていますから、篠ノ井までの額は少々異なります。

こちらが価格表です。どこの区間を見ても、通常の運賃よりも1000円近く安くなっていることが分かります。これなら使わない手はないですよね。

購入箇所

購入箇所ですが、前回の信州ワンデーパス同様、エリア内の駅の券売機・みどりの窓口で購入できます。さらには首都圏のみどりの窓口でも、お願いしたら発見してくれるかもしれません。

一番安心なのは旅行会社に頼むことでしょう。ここなら絶対に購入できます。

しなの特急料金回数券

次にしなの特急料金回数券について紹介します。このきっぷは特急しなの号の長野―塩尻間の自由席に乗車できる回数券です。4枚つづりで2000円。

つまりは一枚当たり500円。長野-塩尻間を普通に自由席特急券を買って乗ると1200円なので、700円割引になります。

それに信州往復きっぷを組み合わせて使えば、かなり安く乗れると思います。

さいごに

今日は信州往復きっぷについて紹介しました。往復きっぷになるとお出かけにも最適なので、ぜひ使ってみてください。ありがとうございました。